わたしはいつもボロボロで生きる

30代メガネ女子が都会で消耗していく記録

絶望

フラれて半年ほど経過しましたが、
先日、ああこの人はわたしの気持ちなんて本当になにも考えていないのだな、ということがあり、
なんかめっちゃみじめな気持ち…と改めて悲しくなったりした。

私は関係性はどうあれ彼のことをずっと大事に思っていたかったけど、彼はそうじゃないんだな、という事実がわりと辛かった。
それでもなんで嫌いになれないんだろう、と考えながら未だにちょっと泣きそうになっている自分にほとほと呆れている。
そして、フラれた直後に、だったらわたしの気持ち利用してボロボロに傷つければいいじゃん、などとのたまった自分の思い通りになっているではないか、自業自得ってやつだよ、などと思い出してちょっと笑いそうになる。

なんせ、この一件のダメージが想定以上に大きくて。フラれたあともいろいろあったっちゃあったんだけど、ほんと私という女はどうしようもないなと噛み締める日々が続いております。なんでいまだに泣きそうになるんだろうね。我ながら才能だわ。