わたしはいつもボロボロで生きる

30代メガネ女子が都会で消耗していく記録

その後

仲のいい友達でいようと約束してから一度、休日に二人で会った。何ヵ月も前から約束していたライブなので、チケットも有限だし当たり前に二人のままだった。(同様の約束が来月もある)
正直ライブが楽しみすぎてへらへらしていたし、ライブはとてもとてもよかったし、その後の食事も会話も至って普通、振られる前そのものの関係性だった。振られたあと多少反撃をしていたので、私ももう蒸し返すべきでないとわかっていたし、彼自身も気を遣わなくはないものの、普通に会話を楽しんでくれているように感じた。
友達としてだけど楽しいし好きだな、と晴れ晴れとした気持ちで帰宅していながら、数日経つと、振られたことがなかったことにならないかと考えてしまっている自分がいる。この期に及んで。あまりにも普通で、あまりにも変わりがなくて、このまま彼が以前言っていた女の子とうまくいかなかったらどんでん返しはないのかなどと思ってしまっている。

つい考えてしまう。振られた日のキスの意味。あの日、言っていた気がするタイミングというキーワード。思い出してしまう。その数日後、二人になった20分ほどの時間に絡めた指。ライブの帰りの中央線で、やたら近かった気がする距離感。絶対このまま付き合うと思ってた、と語る彼との共通の飲み友達の言葉。これらを前向きに解釈してしまうことはもちろんできる。でも、長い目で考えると絶対に知らない方がよい真意。

この気持ちは本当に消えるのだろうか、と、空しく思う時間のほうが長いのだけど、結局はどうにもならないとわかっているからこそ手放し難いだけな気もしている。次に進む気持ちがないわけじゃない。たぶん、次心を向ける相手ができるまでの話にすぎないはずなのだ。
などと書きながら、今夜も彼との思い出のライブのプレイリストを聴いている。仕方ない、思い出がありすぎるのだから。

ビリビリでボロボロ

先述の、関係性に悩んでいた男子の話はあっけなく終焉をむかえた。

飲み会に遅れてきた彼が、昼間会っていた三度目のデートをしていた子とうまくいきそうな気がする、と嬉々として報告したあと、ごめん来年は一緒にフジロックいけないと思う、と無邪気に私に言い放った。どうもその子もベテランフジロッカーなんだそうだ。

それまで週1ペースで遊ぶ頻度が数週続いていて、なんとなく、彼が私を友達以上に見ていないような気はしていた。このままでいいのかもと思っていたものの、もうこうやって遊べる機会は極端に減るなと悟り、その日、お互い翌日も休みな彼と朝まで飲む決意を固めた。
ぽつぽつと人が減り、2人になったのは3時半くらいだった。始発まで1時間。ところどころ真面目な仕事の話をしつつ、来年フジロック一緒にいけないの寂しいな、と口にした。3人でいけばいいじゃん、とのたまったあと、一緒に行きたかった?と問われたので、うん、と言った。彼の方をまっすぐに向いて。伝わる伝わらないはともかく、自分の気持ちをきちんと示したかったと思っていた。

4時半に店を出て、並んで歩いていた彼がすっと一歩前に出て振り返り、僕のこと好きだったんでしょ?と聞かれた。驚いたのか、やっぱりと思ったのか、そのときの心境はあまり思い出せない。一拍だけおいて、そうだね、そうだよ、と彼の差し出す手を取った。
尊敬はしてるけど、このままただ仲のいい友達のままでいたい、きょうみたいに遊ぶことはできなくなると思うけど、と言われた。なんで言ったの?と問うと、幸せになってほしいと思ってるから、このままじゃ前に進めないでしょ、と言われて、すこし泣いた。そのあと、ちょっと散歩をしながら、好きになってしまったけど気持ちの扱いに迷っていたと、私も自分の気持ちを正直に打ち明けて、また泣いた。そのあと、なぜかすこし長いキスを交わした。このキスの意味はたぶん一生わからないままだ。

そのあとは何でかわからないくらい辛いなと3日間くらい思ったものの、彼とは複数人で飲んだりライブにいったりという日々が続いている。一度だけ、今の子とだめでも私のことは好きにならないんでしょう?と聞いた。肯定された。少しの間のあと。そんなに拗ねないでよ、と言われたので、拗ねてるんじゃないよ、私は尊敬なんてしなくていいからあなたにはいとおしいなって思ってほしかっただけだよ、とすごく率直に言ってやった。
どうせ断るなら迷わないでいてほしかったし、キスだってしないでほしかった。はやく平気になりたいし、ただの友達に戻りたいと思う一方、繋がり続けていればどんでん返しがあるかもと思ってしまう私がまだいる。あーあ。はやく次に気持ちを向けないとだわ。

この関係性に名前をつけるべきなのか

最近懇意にしている男性がいる。
知り合ったのは最近だけど、お互い長年の付き合いになる共通の知り合いが複数いるとすこし前から認識をしていた。
私とは昨年から、彼とは10年来になる共通の飲み友達を交え3人で飲んだ際、彼の贔屓の店に翌週行こうと話題になったものの、引き合わせてくれた友人は夜勤で行けないと言うので早々にサシ飲みに至り、音楽の趣味が合いすぎることを知り、またその彼贔屓の店をいたく気に入ってしまい、はじめてのサシ飲みで4時間はともに過ごした。
その日の話の流れで、ともにお気に入りのバンドのライブ2daysに参戦し、ついにはフジロック2泊3日を2人でともにするという、長年付き合いがあったかのような時間の過ごし方をした。来年も絶対行こうと話をしている。

いまの関係には名前がまだない。
わたしの中では友達の域は超えている。私は、異性の友達とは2人だけでなくとも同じ部屋に泊まるのは抵抗があるし、わざわざ個別に地元のお土産を用意しないし、何枚も写真を撮ろうとは思えない。
彼は私の気持ちを多少なりとも感じているのではないかと思う。私も彼から人としての好意を向けられているのは認識をしている。それでは物足りないような気もしてしまうし、このままの関係性を維持できればいいような気もする。
私は彼に対して思うのは、付き合いたいとか触れあいたいとかと言うより、手放したくないという表現が最もしっくりくる。今の関係性は、お互いに相手がいると成り立たない(私からすれば)。でも、この気持ちが恋愛感情なのかどうかもたまに自信がなくなるけど、前述の通り、自分の彼に対しての行動は、好きな人に対するものそのものでしかないのである。

このままでいるにはどうすべきなのか、このまま以上を求めるべきなのか、自分でもよくわからずぐずぐずしてしまいがちである。好きなことは間違いない。どの方向にこの気持ちを育てるべきなのか、この記事を書いているいまも迷っている。

狭間

東京で生きるのか、生活の拠点を写してしまうのか。
マネージャーを目指すのかやめとくのか。

こんな年には当然腹を括れていると思っていた、数年前までは。
結婚せず一人で生きていくのは可能だけどそれは寂しい気もしていて、その結論も出せないのにもっと長いスパンでの人生の決断なんて当然できないのだけど。

正直未だに期待してしまっている。この人となら結婚したいと思える人がどこかにいるんじゃないかと。
ほんとに結婚なんてしたいんだろうか。既婚者に振り回されたのは一度や二度ではないのに。
ただ、結婚もしていない社会不適合者と思われたくないだけなんだろうな。自分のことなのに他人事のように書いてしまったけど。

2017総括

毎年これだけは更新している振り返りです。
以下箇条書きで。

・昇進した。(2月)無事にできてよかった。
いろんなこと言われたりして気にしたりしたけど、どうせどんな立場でも難癖つけられる世代なんだから仕方ないや。
・異動した。(12月)念願。2年同じ部署いたら飽きるのでちょうどよかった。まだ気疲れしてるけど。
・初めて写真を展示に出した。初めてなのに複数展示できる、配置も自分で考えなきゃな公募展で、超絶バタバタしたけど、人に感想をもらえることってすごく嬉しいんだと知った。ほんとやってよかった。
・背中肉を落とそうと暗闇ボクシングはじめたらドはまりした。3日いけない日が続くとイライラしてくる。体薄くなって満足だけど胸も減ったし、ただ痩せるだけじゃなくてメリハリがほしいので少し有酸素運動は減らそうかな。
・仕事の予定が読めなくて、あんまり旅行に行けなかったのが残念。今年は一度も海外行ってないし、なんなら一人旅オンリーだった。パスポートは更新したので、来年はカンボジア行きたいです。
・メンズ捜索活動は難航かつ脱線した。特筆は割愛。ほんと来年からどうしようかしら。

昇進

先日昇進した。
要件を満たしてさえいれば誰でもなれるわけでない役職に、順当にたどり着いた。
仕事はこれまでもちろん、時に十分が過ぎるほど頑張ってきたのだけど、努力が評価されるのは義務教育までとかの名作漫画サプリでもあったように、汗水の量だけで評価されるのは違うよなと思っていて、だからこそ今回の人事は認められた気がしてやっぱり嬉しく思った。
女性は最短だと31になる年(浪人がなければ)の年度の終盤にこの役職になる。当然、ライフイベントで休職を挟んでしまう人たちはその波に乗ることを100%逃してしまう。だから必ずしも名誉なわけではなくて、余計なノイズが聞こえやすい環境にもなるのだと気づいたのは昇進してからだった。
専業主婦がやっぱりいいよね、と同時に昇格した男性に向かってドヤ顔で発言する管理職。プライベートでは同期にだいぶ遅れとってるよね、とのたまう管理職。これらの発言はすべて昇格祝いの名を語った酒宴で聞いた。なにが祝いだ全然おもしろくないわ、と思ってしまった。おめでとうと言われるはずの場で、なんでこれまでの時間を否定されるようなことを言われるのだろうとさえ感じた。

女性管理職を増やしたいと高らかに謳っている企業の管理職がこんなんじゃ先が思いやられるな、と、評価をしてくれているはずの会社のことがすこし嫌いになった。